23.2.9 拡張 API

基本 API は、 doctest を使いやすくするための簡単なラッパであり、 柔軟性があってほとんどのユーザの必要を満たしています; とはいえ、 もっとテストをきめ細かに制御したい場合や、 doctest の機能を 拡張したい場合、拡張 API (advanced API) を使わねばなりません。

拡張 API は、doctest ケースから抽出した対話モードでの例題を 記憶するための二つのコンテナクラスを中心に構成されています:

その他に、 doctest の例題を検索、パーズ、実行、チェックするための 処理クラスが以下のように定義されています:

これらの処理クラスの関係を図にまとめると、以下のようになります:

                            list of:
+------+                   +---------+
|module| --DocTestFinder-> | DocTest | --DocTestRunner-> results
+------+    |        ^     +---------+     |       ^    (printed)
            |        |     | Example |     |       |
            v        |     |   ...   |     v       |
           DocTestParser   | Example |   OutputChecker
                           +---------+



ご意見やご指摘をお寄せになりたい方は、 このドキュメントについて... をご覧ください。