Python インタプリタの拡張と埋め込み

このドキュメントでは、Pythonインタプリンタを拡張する新しいモジュールをで C またはC++ で書く方法を解説しています。 このようなモジュールでは新しい関数を定義するだけではなく、新しい型や、そのメソッドを定義することができます。ドキュメントでは他のアプリケーションでPythonを拡張言語として使用するために、Pythonインタプリタをアプリケーションに埋め込む方法についても解説します。 最後に、下層のオペレーティングシステムが動的(実行時)ロードをサポートしていれば、拡張モジュールが動的にライブラリにロードされるように、モジュールをコンパイルしリンクする方法について解説します。

このドキュメントでは、読者は Python について基礎的な知識を持ち合わせているものと仮定しています。形式ばらない Python 言語の入門には、 Python チュートリアル を読んでください。 Python 言語リファレンス を読めば、 Python 言語についてより形式的な定義を得られます。また、 Python 標準ライブラリ では、Python に広い適用範囲をもたらしている既存のオブジェクト型、関数、および (組み込み、および Python で書かれたものの両方の) モジュールについて解説しています。

Python/C API 全体の詳しい説明は、別のドキュメントである、 Python/C API リファレンスマニュアル を参照してください。

注釈

このガイドでは、このバージョンのCPythonが拡張を作成するために提供している基本的なツールの一部しかカバーしていません。サードパーティのツールはより簡単な選択肢を提供しているでしょう。より詳細な情報についてはPython Package User Guideの binary extensions section を参照してください。