3. 組み込み定数

組み込み名前空間にはいくつかの定数があります。定数の一覧:

False

bool 型の偽値です。False への代入は不正で、SyntaxError を送出します。

True

bool 型の真値です。True への代入は不正で、SyntaxError を送出します。

None

NoneType の唯一の値です。 None は、関数にデフォルト引数が渡されなかったときなどに、値の非存在を表すのに頻繁に用いられます。 None への代入は不正で、SyntaxError を送出します。

NotImplemented

“拡張比較 (rich comparison)” 特殊メソッド (__eq__(), __lt__(), と仲間たち) が返す特別な値で、相手の型に対する比較が実装されていないことを示します。

Ellipsis

... と同じです。主に拡張スライス構文やユーザ定義のコンテナデータ型において使われる特殊な値です。

__debug__

この定数は、Python が -O オプションを有効にして開始されたのでなければ真です。 assert 文も参照して下さい。

注釈

名前 NoneFalseTrue__debug__ は再代入できない (これらに対する代入は、たとえ属性名としてであっても SyntaxError が送出されます) ので、これらは「真の」定数であると考えられます。

3.1. site モジュールで追加される定数

site モジュール (-S コマンドラインオプションが指定されない限り、スタートアップ時に自動的にインポートされます) は組み込み名前空間にいくつかの定数を追加します。それらは対話的インタープリタシェルで有用ですが、プログラム中では使うべきではありません。

quit(code=None)
exit(code=None)

表示されたときに “Use quit() or Ctrl-D (i.e. EOF) to exit” のようなメッセージを表示し、呼び出されたときには指定された終了コードを伴って SystemExit を送出するオブジェクトです。

license
credits

表示されたときに “Type license() to see the full license text” のようなメッセージを表示し、呼び出されたときにはそれぞれのテキストをページャのような形式で (1画面分づつ) 表示するオブジェクトです。