Python インタプリタの拡張と埋め込み

このドキュメントでは、Pythonインタプリンタを拡張する新しいモジュールをで C またはC++ で書く方法を解説しています。このようなモジュールでは新しい関数を定義するだけではなく、新しい型や、そのメソッドを定義することができます。ドキュメントでは他のアプリケーションでPythonを拡張言語として使用するために、Pythonインタプリタをアプリケーションに埋め込む方法についても解説します。最後に、下層のオペレーティングシステムが動的(実行時)ロードをサポートしていれば、拡張モジュールが動的にライブラリにロードされるように、モジュールをコンパイルしリンクする方法について解説します。

このドキュメントでは、読者は Python について基礎的な知識を持ち合わせているものと仮定しています。形式ばらない Python 言語の入門には、 Python チュートリアル を読んでください。 Python 言語リファレンス を読めば、 Python 言語についてより形式的な定義を得られます。また、 Python 標準ライブラリ では、Python に広い適用範囲をもたらしている既存のオブジェクト型、関数、および (組み込み、および Python で書かれたものの両方の) モジュールについて解説しています。

Python/C API 全体の詳しい説明は、別のドキュメントである、 Python/C API リファレンスマニュアル を参照してください。

大規模なアプリケーションへの Python ランライムの埋め込み

Sometimes, rather than creating an extension that runs inside the Python interpreter as the main application, it is desirable to instead embed the CPython runtime inside a larger application. This section covers some of the details involved in doing that successfully.