18.5.2. イベントループ

Source code: Lib/asyncio/events.py

18.5.2.1. イベントループ関数

以下の関数は、グローバルポリシーのメソッドにアクセスするための便利なショートカットです。これらはデフォルトポリシーへのアクセス手段を提供するものであり、プロセスの実行前に set_event_loop_policy() を呼び出して設定された代替ポリシーには適用できないことに注意してください。

asyncio.get_event_loop()

get_event_loop_policy().get_event_loop() の呼び出しと等価です。

asyncio.set_event_loop(loop)

get_event_loop_policy().set_event_loop(loop) の呼び出しと等価です。

asyncio.new_event_loop()

get_event_loop_policy().new_event_loop() の呼び出しと等価です。

18.5.2.2. 利用可能なイベントループ

asyncio は現在 2 種類の実装のイベントループ、SelectorEventLoopProactorEventLoop を提供しています。

class asyncio.SelectorEventLoop

selectors モジュールベースのイベントループで、AbstractEventLoop のサブクラスです。

プラットフォームで利用できる最も効率的なセレクターを使用します。

Windows ではソケットのみサポートされています (例えばパイプは未サポート): MSDN の select のドキュメント を参照してください。

class asyncio.ProactorEventLoop

"I/O Completion Ports" (IOCP) を使用した Windows 用のプロアクターイベントループで、AbstractEventLoop のサブクラスです。

利用できる環境 : Windows.

Windows で ProactorEventLoop を使用した例:

import asyncio, sys

if sys.platform == 'win32':
    loop = asyncio.ProactorEventLoop()
    asyncio.set_event_loop(loop)

18.5.2.3. プラットフォームでのサポート

asyncio モジュールは移植性を考慮して設計されていますが、プラットフォームごとにわずかな違いがあり、asyncio の全機能をサポートしているわけではありません。

18.5.2.3.1. Windows

Windows のイベントループでの共通の制限:

SelectorEventLoop 固有の制限:

ProactorEventLoop 固有の制限:

Windows のモノトニック時計の時間分解能は、通常約 15.6 秒です。 最高分解能は 0.5 秒です。 分解能はハードウェア (HPET の可否) および Windows の設定に依存します。 asyncio 遅延呼び出し を参照してください。

バージョン 3.5 で変更: ProactorEventLoop は SSL をサポートしました。

18.5.2.3.2. Mac OS X

PTY のようなキャラクターデバイスは Mavericks (Mac OS 10.9) 以降でのみ十分サポートされています。Mac OS 10.5 以前ではサポートされていません。

Mac OS 10.6、10.7 および 10.8 では、デフォルトのイベントループは SelectorEventLoop で、selectors.KqueueSelector を使用します。selectors.KqueueSelector はこれらのバージョンではキャラクターデバイスをサポートしていません。これらのバージョンでキャラクターデバイスをサポートするには SelectorEventLoopSelectSelector または PollSelector を使用します。例:

import asyncio
import selectors

selector = selectors.SelectSelector()
loop = asyncio.SelectorEventLoop(selector)
asyncio.set_event_loop(loop)

18.5.2.4. イベントループのポリシーとデフォルトポリシー

イベントループの管理は、カスタムプラットフォームやフレームワークのために最大限の柔軟性を提供するため ポリシー パターンによって抽象化されます。プロセスの実行中、単一のポリシーオブジェクトが、コンテキスト呼び出しベースのプロセスから利用可能なイベントループを管理します。一つのポリシーは一つの AbstractEventLoopPolicy インターフェースを実装するオブジェクトです。

ほとんどの asyncio 利用者にとってデフォルトのグローバルポリシーで十分であるため、ポリシーを明示的に追加する必要はありません。

デフォルトポリシーは現在のスレッドをコンテキストとして定義し、asyncio と情報のやり取りを行うスレッドごとにイベントループを管理します。モジュールレベル関数 get_event_loop() および set_event_loop() は、デフォルトポリシーによって管理されるイベントループへの便利なアクセス手段を提供します。

18.5.2.5. イベントループポリシーインターフェース

イベントループのポリシーは以下のインターフェースを実装しなければなりません:

class asyncio.AbstractEventLoopPolicy

イベントループポリシーです。

get_event_loop()

現在のコンテクストのイベントループを取得します。

AbstractEventLoop インターフェイスを実装したイベントループオブジェクトを返します。

現在のコンテキストに設定されているイベントループが存在しない場合やイベントループを作成するためのポリシーが指定されていない場合には例外を送出します。 None を返すことがあってはなりません。

set_event_loop(loop)

現在のコンテキストにイベントループ loop を設定します。

new_event_loop()

このポリシーのルールに従った新しいイベントループを作成して返します。

このループを現在のコンテキストのイベントループとして設定する必要がある場合は、set_event_loop() が明示的に呼び出されなくてはなりません。

18.5.2.6. グローバルループポリシーへのアクセス

asyncio.get_event_loop_policy()

現在のイベントループポリシーを取得します。

asyncio.set_event_loop_policy(policy)

現在のイベントループポリシーを設定します。policyNone の場合、デフォルトポリシーが復元されます。