3. 組み込み定数

組み込み名前空間にはいくつかの定数があります。定数の一覧:

False

bool 型の偽値です。False への代入は不正で、SyntaxError を送出します。

True

bool 型の真値です。True への代入は不正で、SyntaxError を送出します。

None

NoneType の唯一の値です。 None は、関数にデフォルト引数が渡されなかったときなどに、値の非存在を表すのに頻繁に用いられます。 None への代入は不正で、SyntaxError を送出します。

NotImplemented

特殊な二項演算のメソッド (e.g. __eq__(), __lt__(), __add__(), __rsub__(), etc.) が、他の型に対して演算が実装されていないことを示すために返す特殊値です。インプレースの特殊な二項演算のメソッド (e.g. __imul__(), __iand__(), etc.) も同じ理由でこの値を返すことがあります。真偽値は真です。

注釈

二項演算の (あるいはインプレースの) メソッドが NotImplemented を返した場合、インタープリタはもう一方の型で定義された対の演算で代用を試みます (あるいは演算によっては他の代替手段も試みます)。試行された演算全てが NotImplemented を返した場合、インタープリタは適切な例外を送出します。 NotImplemented を正しく返さないと、誤解を招きかねないエラーメッセージになったり、 NotImplemented が Python コードに返されるようなことになります。

例として 算術演算の実装 を参照してください。

注釈

NotImplementedErrorNotImplemented は、似たような名前と目的を持っていますが、相互に変換できません。 利用する際には、 NotImplementedError を参照してください。

Ellipsis

... と同じです。主に拡張スライス構文やユーザ定義のコンテナデータ型において使われる特殊な値です。

__debug__

この定数は、Python が -O オプションを有効にして開始されたのでなければ真です。 assert 文も参照して下さい。

注釈

名前 NoneFalseTrue__debug__ は再代入できない (これらに対する代入は、たとえ属性名としてであっても SyntaxError が送出されます) ので、これらは「真の」定数であると考えられます。

3.1. site モジュールで追加される定数

site モジュール (-S コマンドラインオプションが指定されない限り、スタートアップ時に自動的にインポートされます) は組み込み名前空間にいくつかの定数を追加します。それらは対話的インタープリタシェルで有用ですが、プログラム中では使うべきではありません。

quit(code=None)
exit(code=None)

表示されたときに “Use quit() or Ctrl-D (i.e. EOF) to exit” のようなメッセージを表示し、呼び出されたときには指定された終了コードを伴って SystemExit を送出するオブジェクトです。

license
credits

表示されたときに “Type license() to see the full license text” のようなメッセージを表示し、呼び出されたときにはそれぞれのテキストをページャのような形式で (1画面分づつ) 表示するオブジェクトです。